自分が職に困らないエンジニアになるにはどうすればいいか考えた

自分の状況、やばいんじゃないかと思った

最近、前職の同僚と話す機会があった。
前職では、まだ僕はエンジニアなりたてだったので彼らの凄さはボンヤリとしか認識していなかったが、
今回は一応同じエンジニアとして話ができたからなのか、
彼らとの差をものすごく感じてしまった。

自分とは経験値が全然違う。

前職は大規模webサービスを扱っていたのだが、
彼らはそれの開発保守をしていた。

自分も一応関わってはいたが、メインではなく指示のもと作業を行っていたので全てを調整するというような経験はしていない。

もし、自分と彼らが同じ企業への応募を同時に行えば、自分は間違いなくこぼれ落ちるだろうと感じた。

最近、僕的には自分の能力が「伸びているなー」と思っていたので、変に自信を持ってしまっていたのだが、
今得られている経験は、彼らが10年前に得ていた経験なのだった。

プログラマーとしてのスタートが遅かったのが悔やまれる。。

僕はどうすればいいか?

基礎的な力は身についたと感じているので、
次は経験を得ていかねばならない。

本当の経験を得るには、その経験が得られる会社で働くしかない。

今の会社で得られる経験は最大限身につけていく。
かつ、次に得たい経験を出来る会社に入れるように準備をしておく。

自分で調べて技術を予習しておき、
自分で経験を疑似体験できる環境を構築して運用してみておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です