人生設計において資産運用が大事っぽい

日々、プログラマとしてのスキルアップを目指して色々やっているけど、
目標の一つに「金を稼ぐ」があるわけで、
それを解決する一番効率的なルートは、
プログラミングのスキルアップではなく、資産運用なのかもしれない。
と思っている。

ただ自分の場合、QOL的なバランスなどを考えると、
プログラマとして大成して、お金を稼げるようになれるのが一番良いとは思っている。

しかし日本の場合、シリコンバレーのようにプログラマーが大金を稼げるようになれる気がしないし、ましてや自分がスーバーハッカーになれる可能性も高くなさそうなので、
リスクヘッジとしての資産運用を行っているので、今回はその話。

このままでは老後に十分な金額が用意できなさそう

「老後までに用意すべき金額として数千万円」みたいなのを目にするが、
給料もそんなに上がっていかないし、
退職金も期待できないし、
で、用意できそうにない。

お金はお金でふやすべき

世界のお金持ちや、企業は投資でお金を増やしている。
そのほうが効率がいいから。
我々労働者は労働でお金を増やしているが、
できればこちらにシフトしたい。

ただし充分な資金と知識が無いので、
それが蓄えられるまでは
「労働しながら投資も行う」
という形を取っていくことになる。

専門家の力を借りる

投資を行うには充分な知識が必要になる。
適切にリスクを管理していかないと、増やすどころか資産が減ってしまう。

しかし、僕は職業上勉強のリソースの殆どをプログラミングや英語に割いていて、
ここにさらに資産運用の勉強に時間を割くことが出来ない。
(したほうがいいんだけど。。)

そこで、信頼できるファイナンシャルプランナーなど、専門家にアウトソーシングする。
もちろんこれにはコストがかかる。

しかし、なにもしなければ増えなかったお金を増やしてくれるのであれば、
仮に半額とられていたとしても(実際にはそんなに取られないが)自分にとってはプラスなので頼まない理由はないと考える。

僕は実際に専門家に頼んで運用しているが、
2年間で140万の投資を行い160万円の資産になっている。

今は20万円の利益だが、今後20年30年という時間を使って運用していけば、
合計で1千万円以上の資産になる予定である。
福利というやつである。

資産状況トラッキングシステムを作ってみた

最後にプログラマ的な事を。

投資では日々の状況をなんとなく見ておくことが大事で、
たまにwebで確認するのだが、
このwebサイトでは日々の状況のログを観ることができなかったので、
トラッキングしてログに残すシステムを作成した。

raspberry pi上で、
seleniumとphantomjsを使って
定時実行でwebサイトを見に行き、ログとして残すというものである。
なんでraspberry pi上に作ったのかと言うと、単にraspberry piを使いたかったから。

一応githubに乗っけたのでurlを記載しておく。
https://github.com/mixmaru/PWM_Account_view_tracking

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です