モチベーションを第一に考えて学習計画する

ここ数年で学んだ事の一つに「何をするにしてもモチベーションがなければ失敗する」というものがある。

僕は今、ネットワークスペシャリストの試験勉強、英語の勉強、業務で必要な知識の勉強を業務時間外で継続的に行っている。
特に、これまで何度も挫折してきた英語は今回初めて一定の効果を出せるくらいに身についてきているのを実感している。

僕はもともとコツコツ物事を頑張れる方ではないので、最近はいかに自分のモチベーションを保てるか?に焦点を当てて物事への取り組みを計画している。

なぜモチベーションが大事なのか?

それが一番ラクに頑張れる方法だからだ。
僕は怠け者なので、単に何か勉強等をしようと決めても、ほっておくとダラダラ休日を使い潰し、夕方頃になって自己嫌悪に陥ってしまう。
結果的には何も成せなかった一日だが、内容としては「頑張るぞ!」と「ちょっとだけスマホみよう」を何度も繰り返し、たまには誘惑に打ち勝ち、翻弄されながら努力エネルギーをかなり消費して、
にもかかわらず、結果的にはさんざんなものとなってしまう。

それにくらべて、昼頃から図書館やカフェにでかけて勉強してみると、数時間おどろくほど簡単に集中できる。
効率よく勉強して家に帰ってあとはダラダラ過ごしても、達成感に包まれているので罪悪感もない。ビールもおいしい。

モチベーションのためにお金を使う

英語の勉強として、今はアプリのiKnowと、安めの英会話教室に通っている。
iKnowは1日30分やると決めて毎日やっている。
一旦継続し始めると連続記録が途絶えるのが嫌で続けられる。これもモチベーションとして働いている。
英会話教室は週1回の月1万円で、学習効果としては効率は悪い気がしているが週一回強制的に英語に触れる機会を設けることで、英語学習自体へのモチベーションを維持する効果が高い。
そのための月額1万円なら安いと思っている。

とはいいつつ、DMM英会話にすれば月額を抑えられて、週何回も英会話練習ができ、学習効率は良さそうなので悩んでいるが、
自分で能動的に予約しないといけなかったり、希望の時間が空いていなかったりなど、モチベーションを下げる要因が多そうという点で今のところ却下している。

高すぎるハードルにはトライしない

英語学習の話ばかりになってしまうが、いきなり映画を英語で聞き取ろうとしても全然わからないので面白くない。
面白くないと、続けるモチベーションが下がってしまう。
超簡単な英語の絵本を読むなど、自分でも分かる範囲の物を選んでちょっとした「オレツエー」感を体感するのが大事。

ちょっとずつ、自分が分かる範囲で難易度をあげていく。
常に「これが解る自分スゲー」と思えるようにする。

モチベーションを保つためにやっている事

  • カフェに勉強にいく。
  • やる気があるうちに予約をしてしまう。買ってしまう。
  • 行う時間を決めて習慣にしてしまう
  • 疲れたらやめる、別の学習に取り組む
  • コミュニティがあれば参加する
  • なんらかの目標へ続いていることを実感する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です